フランスの現地シェフに自慢の食材を直接PR。「まさか」、翻訳を介し、海外取引先を自力で勝ち取る
日本では味わえない
生きざまをぶつけあう楽しみ
フランス 取引先を自力で勝ち取る 
CROSS FOODS
下記スライド表示されない方 PDF

[食品業者・生産者・サプライヤーのみなさま]
現地フランス人等のシェフから、突然
「御社食材に関心があります。サンプルいただけませんか?」
と引合いがきたら、うれしくありませんか?

そして、サンプルを現地へ発送します。
————————
シェフ:「◯◯◯のような味がして美味しいですね」
あなた:「ありがとうございます。△△△とあわせても美味しいですよ」
シェフ:「現地の素材を使ってこんな試作をしてみましたよ」
————————
なんて、やりとりを翻訳を介してできたら楽しいですよね。

これから海外販路開拓に取り組む御社が
いま「もっとも知りたいこと」で「本当はもっとも大切なこと」
は、実はこの3つのはずです。

① 御社食材は、現地でも「美味しい」のでしょうか?
② 現地で人気になる調理法や用途はあるのでしょうか?
③ 現地価格はいくらでなら買ってもらえるのでしょうか?

これがわからないまま、海外に取り組もうとするから
先の展開や全貌が見えなかったり、
何から手をつけていいかわからなかったりして
もやもやしているはずです。

CROSS FOODSのキーワードは
「出口実感」 「自力で勝ち取る」

御社食材を写真と説明文(仏訳付きで)で
直接シェフに紹介します。
シェフから「サンプルください」
という声をまず引き出しましょう。

翻訳はサポートします。
サンプルを現地に送り、味わってもらいましょう。
シェフから味の感想を聞きましょう。
現地に合う食べ方や調理法、
どんなバリエーションがあるかを教えてもらいましょう。
日仏の食材と調理法が融合した
試作メニューの写真やレシピをもらうのもいいでしょう。

どのくらい欲しがっているか(ニュアンス)
いくらだったら買うか(値ごろ感)
をご自身で確かめましょう。
そして、見積を提示し、成約を勝ち取りましょう。

 

現地シェフは、新しい食材との出会いを求めています。
食を通じた交流を楽しみましょう。

flow

自力チャレンジを始めたとたん
御社が取り組まなければならないことが
山ほどあることに気がつきます。
と同時に、ひとつひとつクリアしていけばよいのだと
わかるようになります。

自力でチャレンジすると
余計なコストがかからず、取引価格が抑えられるので
商談では有利に働きます。

しがらみもない。
他人の目もない。
固定観念もない。
まっさらのフィールドで
食材のポテンシャルと
御社の熱意・工夫で実力勝負。

国内の喧噪のなかで見失っていた原点を
きっと思い出せます。

みなさまのチャレンジをお待ちしております。

CROSS FOODSにご参加ください

ウチの食材をシェフに味わってほしい
自力でチャレンジしてみたい
行政機関 商工会議所 よろず 地域おこし協力隊 金融機関等
地元のおいしい食材を紹介したい
食品業者さまを応援したい
フランス在住の日本人
フランス料理や食材に関心ある
食品業者をレシピ考案で応援したい
CROSS FOODSで活躍したい
食を通じた日仏交流の架け橋になりたい

詳細資料PDF

お問合せ

PAGETOP
Copyright © CROSS FOODS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.